社会医療法人医真会医真会八尾総合病院 看護部

看護補助者の想い

看護補助者の想い一覧

チームの一員、補助者の責任者として、甘んじる事なく、ケアと全体の質の向上を目指す



患者さんを身近で支援し、良くなっていく過程を見ているととても嬉しい気持ちになります。
一緒に喜んだり、笑ったり、泣いたり・・・。そんな療養生活の中で時に感謝されることがありますが、やはり「ありがとう」という言葉は一入です。月並みですがこのひと言が原動力になることは言うまでもありません。私が仕事をする上で大切にしていることは、当院看護部の看護補助者として誇りをもって業務に当たることです。

副科長 吉川 正美

More>>

いつでも、どんな時でも、患者様だけではなく、「人に優しくありたい」を大切に頑張りたい



看護補助者のになってよかったと思うのは、患者様に感謝された時です。少しでも入院生活の支えになりたいと思いながら仕事をしていますが、それが実感できた時は嬉しく思います。
仕事をする上で大切にしていることは、いつでも、どんな時でも患者様だけではなく、全職員含め、人に優しくありたいと思って行動するように心掛けることです。例えば、職場において、看護補助者同士は勿論ですし、他職種の方々とのチームワークにも十分な配慮をしますが、同じ部署・部門である看護職の方々とのチームワークが非常に大切です。

副主任 長江 由紀

More>>

研修会や勉強会など学ぶチャンスを活かして、更なるスキルアップを目指していきたい



看護補助者が担う身体介護等の療養上の世話は、病院にとって欠かせない業務であり、それを主業務にする看護補助者は欠かせない職種だと思います。患者様の身の回りのお世話をする事で、患者様やご家族から「ありがとう」と言ってもらえると、やりがいを感じられ、本当にこの仕事をしてよかったと思います。この仕事は、常に人と接することが必要となるので、コミュニケーションが大切だと感じています。これは患者さんに限ることではありません。

濱田 理恵

More>>

Scroll Up