社会医療法人医真会医真会八尾総合病院 看護部

看護補助者の想い

いつでも、どんな時でも、患者様だけではなく、
「人に優しくありたい」を大切に頑張りたい

副主任 長江 由紀

看護補助者のになってよかったと思うのは、患者様に感謝された時です。少しでも入院生活の支えになりたいと思いながら仕事をしていますが、それが実感できた時は嬉しく思います。
仕事をする上で大切にしていることは、いつでも、どんな時でも患者様だけではなく、全職員含め、人に優しくありたいと思って行動するように心掛けることです。例えば、職場において、看護補助者同士は勿論ですし、他職種の方々とのチームワークにも十分な配慮をしますが、同じ部署・部門である看護職の方々とのチームワークが非常に大切です。当院ではナースエイドという呼称を使用していますが、何と言っても“看護補助者”というのが全国的に通用する職種の名称です。そこから考えても特別な存在であることは言うまでもありません。チームワーク良く仕事をしていくためには、相手を理解することが大切だと思いますが、そのためにも人に優しい気持ちで仕事に取り組んでいきたいと思います。
それと、何か問題があればどんな些細な事でも、上司に相談して、できるだけ早く解決するようにしています。未経験でこの仕事に就きましたので、不安でいっぱいの状態で入職しました。しかし、今もこうして働き続けていられるのは、一緒に働いている人たちとの出会いと患者様からの感謝の言葉だと思います。
日々感謝の気持ちを忘れずに、これからももっといい仕事がしていけるように体調管理に気をつけて、まずは自部署のメンバーを効果的にまとめて頑張りたいです。

Scroll Up