社会医療法人医真会医真会八尾総合病院 看護部

看護補助者の想い

研修会や勉強会など学ぶチャンスを活かして、更なるスキルアップを目指していきたい

濱田 理恵

看護補助者が担う身体介護等の療養上の世話は、病院にとって欠かせない業務であり、それを主業務にする看護補助者は欠かせない職種だと思います。患者様の身の回りのお世話をする事で、患者様やご家族から「ありがとう」と言ってもらえると、やりがいを感じられ、本当にこの仕事をしてよかったと思います。この仕事は、常に人と接することが必要となるので、コミュニケーションが大切だと感じています。これは患者さんに限ることではありません。上司や同僚、多くの人と円滑に仕事を進めていくためのコミュニケーションも大切にし、チーム医療を行う上で、自身もチームの一員であるという気概を持って仕事に取り組んでいます。実際に、上司や同僚、他職種の方とも良好な人間関係が築けており、笑顔いっぱいの明るい職場で働くことができてよかったと思っています。
その上、この病院では研修会や勉強会がとても充実しており、たくさんのことが学べる職場なので自分が成長するチャンスが多いと感じています。だから、私は、そういうチャンスを活かして、看護補助者として、必要な知識や技術を身につけ、患者様に安心で安全なサービスを提供できるよう、更なるスキルアップを目指していきたいと思います。

Scroll Up